やればこなせるお子さん厳しく「やれば望めるお子さん」という文言を耳にします。「あのお子さんはやればやれるんだから」とか、「うちのお子さんやればできるんです」とか。
 けど、よく考えたら、本当にやれるお子さんって、何も言われなくても初めから吊り上げるんですよね。できてないお子さんが、いくら「やればやれる」と言っても、結局目下「やってない」わけですから。その時点で、「できてない」んですよね。今はできてないけどやれば望めるなんて、釈明に過ぎないと思います。やる、取り止める、という判断も含めて、行動した結果が、一人一人の役目と当てはまるのかなあ、と。以外「俺、やればできるから。今度の検証から全力鳴らすから。」と話すお子さんの顔つきを思い浮かべながら思ったことでした。
顔脱毛ができるエステ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です